魔法少女リリカルなのはA'sについて

1期見終わって数日の内に完走したので感想とか書く。

1期の感想はこちら。

魔法少女リリカルなのは(1期)について - いろんなコンテンツの感想を書くブログ

 

シナリオについて

話の内容はそこまで変わったものじゃなく、むしろ王道ともいえる展開が多いのにもかかわらず、まったく途中で飽きること無く一気に見れた。途中からは次の話が気になりすぎて一気に進んだ。

特に、病室でシグナム、ヴィータシャマルが見舞いにきたなのは達と会わないように色々手をうっていたのに、サプライズのクリスマスプレゼントのせいで偶然出会ってしまうくだりは、わかっていながらもドキドキさせられる展開だった。

なのはシリーズの脚本を書いている都築真紀は天才かと思う。

ただ都築真紀氏について調べても現在は精力的に活動されてるわけでもないのが本当に残念。

作画について

ネガティブな感想になってしまうが若干作画の粗さを感じた。ただ2005年の作品だし現在の人気作品と比べたらそりゃ…という話ではある。

何故か1期は気にならなかったのが不思議。

なのはは1期のほうが可愛くて、フェイトは2期のほうが可愛かった。他にも同じ感想を持つ人が多いと嬉しい。

シャマルについて

1期の感想ではユーノの声およびキャラが好きって話を書いたけど、2期でのお気に入りキャラはシャマルだった。大分昔に初見で見たときも一番気に入ったキャラはシャマルだった。

戦闘時は支援の魔法使いで、日常でも保護者役としてはやての世話してるシーンが本当に優しくて好き。帰りが遅くなったことを電話で謝ってるシーンもすごい心に刺さった。

声優の柚木涼香氏の名前は知らず、調べてみても最近はあまり大きな役をやっていないようで残念。一方でとある魔術の禁書目録のオリアナ役だったことを知り、妙に納得してしまった。こういう声好きだし需要もあると思うので活躍してほしい。

 

この調子で3期やら劇場版も見ていこうと思う。