魔法少女リリカルなのは(1期)について

3日間くらいで魔法少女リリカルなのは(1期)を一気見したのでその感想を書く。2008年くらいに一回見たことがあり、その時もそれなりに楽しんでたけど、今改めて見返して良かった点をまとめてみる。

・キャラデザが好き。

作画自体は結構不安定でキャラの顔が気になる場面が多かったけどそれを上回るキャラデザだった。2004年の作品だけど現在でも作画崩壊がなければ普通に通用しそう。

・話の展開がうまい

割と王道なシナリオだとは思うけど、各話で分割されてるアニメとしての構造を上手く使っているのか次の話が気になる終わり方ばっかりだった。そのせいで一気に見終えてしまった。

・曲がいい

以前見たときからinnocent starterは好きだったけど、改めてOPで聞いて毎回感動してた。あと10話で流れたtake a shotもすごい好きになった。今まで水樹奈々の曲は散発的にしか聞いてなかったけど、アルバムとかでまとめていろんな曲聞いてみようかなあと思った。

・ユーノの声が好き

ずっと見てる中で特にユーノの声が気に入った。水橋かおりって今40代なんだね。

ユーノのキャラ自体も好きになって、なのはとユーノの恋愛要素見たいなあとも思った。

後で詳しく調べると放送当時はユーノが嫌われてたってのに衝撃をうけた。今じゃありえないでしょこういうの。

 

とりあえず明日からは2期を見ていく。

 

 コメント大歓迎です。